東京燃料林産株式会社

製品・サービス
製品・サービス

LPガス災害対応コンソーシアム

設立趣旨

  • 「災害に強いLPガス」の実現およびLPガス事業の競争力強化
  • 有事の際、LPガス事業者同士「共助」のための相互援助を行えるように連携を促進する場として機能

コンソーシアムの3つの活動内容

  1. 参加企業のBCP策定およびBCMS構築・維持支援
  2. 災害時連携のための情報システムの構築および維持・管理
  3. 災害需要の開拓のためのノウハウの共有

年間スケジュール

5月 春季セミナー(講演会、先進事例の共有)
7月 合同演習
9月 秋期セミナー(合同演習のレビュー)

活動の一環
「災害対応合同演習」

目的

自社BCPを実践で点検  ⇒ 演習を通してBCPの課題発見
災害時を具体的にイメージ ⇒ 災害の疑似体験で意識向上
他社との共助を経験    ⇒ 他社と協力して対応を考える

BCPとは目標の期間内に業務を復旧させるための計画であり、演習においても復旧の「目標」を具体的に設定し、その「目標」を意識しながら進めていくことが重要となります。

演習風景

  • 採用情報
  • オンラインショップ
  • 経済産業省指定災害時対応型LPガス中核充てん所
  • LPガス災害対応コンソーシアム
  • 資源エネルギー庁 中核SS指定 燃料供給の中核的な役割を果たす給油所です
  • 車両メンテナンス 板金・車検・整備
  • LPガス 困った時の解決法

Topへ戻る