東京燃料林産株式会社

東京燃料林産について
東京燃料林産について

沿革・社史

昭和18年10月 東京都燃料配給統制組合 創立
昭和21年12月 東京都燃料林産組合 創立 (組織変更)
昭和23年7月 東京燃料林産株式会社 業務開始
昭和23年11月 薪炭需給調整規則公布(統制)に伴い東京都公認【第一号薪炭卸売業者】に指定される。
昭和24年5月 登録公開に際し分割推奨により
【東京燃料林産株式会社】
【東京中央燃料株式会社】
【隅田川燃料株式会社】の3社に分割
昭和24年8月 薪の需給調整規則 廃止
昭和25年3月 木炭の需給調整規則廃止により統制全面解除
【燃料総合卸売業者】となる
昭和32年7月 出光興産株式会社と特約販売店契約 締結
昭和34年12月 LPガス販売営業許可を受け営業開始
昭和35年12月 池袋給油所 開設
昭島LPガス充填所 開設
昭和47年6月 東ネンビル 竣工
平成元年3月 池袋給油所にカーリース部門設置
平成3年7月 城西支店を移転し、渋谷支店に名称変更
平成4年9月 支店統合により、渋谷支店を中央支店に名称変更
平成8年4月 支店統合により、昭島LPガス充填所を立川支店に名称変更
平成8年8月 青梅営業所 開設
平成14年1月 池袋給油所に自動車整備工場 設置
平成14年10月 立川支店を全面改装 東京西支店に名称変更
平成21年7月 青梅営業所 移転 開業
平成25年2月 東京西支店にて災害時の供給体制整備の為、災害対応型LPガス中核充填所整備事業に参画
平成26年7月 池袋給油所にて災害対応型中核給油所として東京都から指定を受ける
平成27年12月 昭島給油所 開設
平成30年1月 昭島給油所にて災害対応型中核給油所として東京都から指定を受ける

Topへ戻る