木炭・ガス・石油製品等 燃料の総合商社

東京燃料林産株式会社

重油・灯油

Home >> 燃料 >>重油・灯油

お見積もり・お問い合せ

業務用灯油の販売

業務用で大量に灯油をご利用になられる場合にぜひ当社の配送をご利用下さい。
緊急時にも即座に対応いたします。

主なご利用目的

工場・マンション・ホテル・店舗・ロードヒーティング等への利用

ご注文方法

提供条件

灯油を工事現場や住宅等にタンクローリーで直接配送しております。
地区等により配送できない場合もありますので、詳細はお問い合わせください。

業務用灯油のご注文方法

ご注文やお問い合わせは下記にて承っております。
お値段等はお見積もりさせていただきます。
工場・店舗・マンションやロードヒーティング等に。また、工場・業務用で大量使用の方、ぜひご相談ください。

お問い合せ・見積もり依頼 >>

灯油について

概要

灯油とは、沸点範囲が170〜250℃程度の石油製品です。
無色透明の特有の臭いのする液体で、硫黄分が80ppm以下で引火点は40℃以上で取り扱いが容易なため、家庭用の暖房機器や給湯器の燃料に使われています。
また工業用、産業用途として洗浄、溶剤にも用いられています。

性質

引火性はありますが、引火点は常温より高いために常温では引火しません。
しかし引火点以下の状態でも、霧状の粒子となって空気中に浮遊することがあるため、この時はガソリンに匹敵する引火性を持っています。

取扱注意点

ガソリンを混入することは避ける。
換気に注意し、蒸気の発生に気を付ける。
直射日光をさけ、膨張による流出を防ぐため、冷暗所に保存する。
ポータブルストーブ等に利用する場合、黄色に変質していたり、臭いが変わっている場合は機器の故障の原因となる可能性があるため、使用を避ける。

品質

灯油の品質は日本工業規格 (JIS)で規定されており、一般に利用されるものは精製度が高く不純物(特に硫黄分)が少ないという意味で、「1号灯油」通称「白灯油」の名称が与えられています。

重油について

概要

A重油とは、原油の常圧蒸留によって底から得られる残油を処理して得られる、重質の石油製品です。軽油90%に少量の残渣油を混ぜたものとなります。
ガソリン、灯油、軽油より沸点が高く重粘質であることから重油と名付けられています。

性質

A重油の色は生産施設にもよりますが、半透明の黒色か黄色です。
比重は0.82〜0.95程度,発熱量は10,000〜11,000kcal/kg程度です。

企画品質

A重油の種類は硫黄分により、1号及び2号に細分されます。
1号は、硫黄分(Sulferサルファー)が0.5%以下とされ,LSA重油(Low Sulfer A Fuel Oil )とも呼ばれています。
また,低硫黄のLSA重油はメーカによってはSCF(出光興産)とも称されることがあります。
2号は,硫黄分が0.5%以上2.0%以下とされ,HSA重油(High Sulfer A Fuel Oil)とも呼ばれています。

用途

低硫黄のLSA重油は、ビル・ホテル・寮・病院・学校の暖房・給湯用、食品工場の加熱用、クリーニング工場のプレス・温水供給に運用されるボイラーに多く用いられており、農産物用のビニールハウスのボイラー、温風暖房でも使用されています。
高硫黄のHSA重油は、低硫黄のLSA重油を特に必要としない非自動車用ディーゼルエンジン、工場、病院、学校、ビルなどの小・中規模ボイラーの燃料などに用いられています。

Copyrights (c) 2007 東京燃料林産株式会社. All rights reserved.