木炭・ガス・石油製品等 燃料の総合商社

東京燃料林産株式会社

バルク貯槽で低コスト化

安全性の向上とコストの削減ができます

図のようにバルクとは定置型のガス貯槽器です。

一般的にはガス容器(ボンベ)にLPガスを充填して各家庭に配送しますが、消費の多い消費者や団地・マンションなどには、容量の多いバルク容器を設置して、バルクローリー車を使い現地でガスの充填をした方が、効率がよくなります。

バルクバルク

ガスを取り扱う機器などの性能がよくなったので、安全性が高まり、近年普及されるようになりました。

全てではありませんが、LPガスの配送は人手がかかります。バルク貯槽だと大幅に手間が省かれます。それはガスの料金に還元することができます。

 

 

Copyrights (c) 2007 東京燃料林産株式会社. All rights reserved.