木炭・ガス・石油製品等 燃料の総合商社

東京燃料林産株式会社

事故時のアドバイス

1.被害者の救護と安全の確保

ア)まず何よりも先に負傷者の救護をしましょう

落ち着いて・・・

119番で救急車の手配を

周囲の人の手助けで、負傷者を安全な場所へ

ハンカチで血止めをするなど応急措置を

イ)道路における危険防止のため、次のことをしましょう

交通事故を防ぐ為、事故車を速やかに片付けましょう。負傷者を動かせないような場合には、停止表示機材、発煙筒などで後続車への警告をしましょう。

2.警察への事故報告

ア)負傷者の救護と道路の安全を確保した後、直ちに警察へ連絡しましょう。

イ)警察へ連絡する主な事項は、次の通りです。

事故発生の日時・場所

死傷者の数および負傷者のケガの程度

損壊した物およびその破損の程度

事故の際に行った措置

3.現場で必ず行うこと

ア)相手を必ず確認してください。

相手の

  • 住所・氏名・電話番号
  • 勤務先
  • 車名・登録番号

保険が付いている場合

  • 保険会社名・電話番号
  • 証券番号および自賠責保険証明書番号
  • 契約者名

イ)事故状況と目撃者の確認をしてください

事故の状況は

  • 自分はどのような運転をしていたか
  • 相手の運転はどうだったか
  • 信号はどうだったか

目撃者がある場合

  • 目撃者の住所・氏名・電話番号

ウ)その場で示談しないでください。

対人、対物事故いづれの場合も、事故現場では示談しないでください。法外な賠償金を取られることがあります。

エ)人身事故の場合

負傷者名・病院名・電話番号を忘れずに聞いておいてください。

オ)事故車を修理先へ

事故車を修理先へ運びます。搬入が遅れる場合は、搬入予定日を修理先へ連絡してください。

4.示談に向けて

被害者には十分誠意を尽くす

病院へのお見舞いや葬儀への参列などを通じて、被害者に十分な誠意を付くし、定期的にお見舞いに行ってください。それが後の示談をスムーズにすすめることにつながります。

相手方から直接請求を受けたら

相手側から直接、賠償金の請求を受けた場合は代理店又はあいおい損保にご連絡下さい。

相手側にも過失はないか

自動車事故は、加害者に一方的な責任があるとは限りません。むしろ、被害者側にも何らかの過失があることが多いのです。このような場合は、被害者の過失分を差し引いた額を賠償すればいいのです。

交通事故でも健康保険は使えます

一般的には、交通事故によるケガの治療には健康保険が使えないと思われていますが、ふつうのケガや病気と同様に健康保険証を病院の窓口に提出することによって治療を受けることができます。

Copyrights (c) 2007 東京燃料林産株式会社. All rights reserved.